orbitex.cottonrugs
こんにちは!
orbitex aoyamaです。

前々回、少しラグサイズの測り方についてお話をさせていただいたので、お部屋に入らない!買ってから小さすぎた!
などの失敗は少ないかと思いますが、ラグを探す時に何から決めていいかわからないという方の為に、
素材毎の特徴やメリット・デメリットなどを紹介していけたらと思います。

本日は、素材編1ということで、私達にとても馴染みの深い天然素材を紹介していきたいと思います。
● WOOL ●
orbitex.wool-rugs
やはり、ラグといったらウールですよね。
保温性の高さと繊維の強さから、絨毯といえばウールをイメージされる方が多いかと思います。
ウール製のラグは選択肢も多く、独特のふわふわ感が特徴で、
異素材感を出すには抜群の素材で、他の素材と組み合わせて使われているのもよく見かけます。
天然素材なのでゴミ離れもいいですが、染色の際に油抜きをせず、油分が含まれた上質なウールを
使用しているメーカーの絨毯はゴミ離れだけでなく水分を弾くものもございます。

どんな環境で育った羊なのか、ラグに仕立てる際にどのような工程を経ているのかという点でも
肌触りや特徴が変わってきます。
選択肢が多いからこそ、上質なウールを選びたいと思ってしまいますね。
また、ウールのふかふかした踏み心地が好きな方は、他の素材では物足りなく感じるかもしれません。
デメリットは、強いて挙げるならば最初の半年から1年程は遊び毛が出ることが多いです。
遊び毛は徐々に収まりますので、あまり気にせずお掃除機をかけてじっくり育ててあげてください。
あとは重さでしょうか。
平織りでは然程気にならないかもしれませんが、大きなサイズのものや、結構重たいものもあるので、
模様替えが好きな方や、季節によってラグの敷き変えをされる方、簡単に動かせるラグをお探しの
特に女性の方は購入前に畳んだり、丸めたり、持ってみるのもいいと思います。
厚みのあるものが多いウールのラグは、ソファやチェアよりも直接絨毯に座りたい派の方にお勧めです!
またお部屋が極端に底冷えするお家はやはりウールをお勧めします。
● SILK ●
orbitex.silk-rugs
高級衣料繊維として有名なシルクは、やはり絨毯の中でも一番高価な素材といっても良いでしょう。
私たちがシルク絨毯と聞いて一番に思い浮かべるのはペルシャ絨毯かと思います。
シルクの繊維の断面は三角形なので、光が当たると独特の光沢感が高級感を醸し出し、
柔らかくてすべすべとしたあの感触は一度使ったら忘れられないですよね。
肌着や寝具など人の肌の一番近いところに使われる繊維としても一番高価で、人の肌にも優しいなんて、
女性にとっては永遠の憧れ的素材です。
ただ、ペルシャ絨毯は存在感が別格なので、好みがはっきりと別れる絨毯でもあります。
※ペルシャ絨毯はウール製のものや縦糸にコットンを使用しているものもあります。

ペルシャ絨毯というと、重厚なお家のリビングにドーンと敷いてあるイメージの方も多いと思いますが、
西海岸風やボーホースタイルなど近年ブームとなったインテリアのテイストに合わせて、
世界中の若者がいろいろなスタイルでペルシャ絨毯を楽しんでいます。
合わせ方が難しいので、品のあるMIXスタイルを楽しみたいならまず小さいものから始めるのがオススメで、
ハマった時の格好良さはやはり格別で、小さくても高級感のある空間に仕立てるパワーを持った絨毯です。

シルクも天然素材なのでゴミ離れも良いですし、高級素材ですが意外にお手入れしやすいのは嬉しいです。
シルクに似せて作られるシルク風ラグという表記も最近よく目にしますが、ほとんど化学繊維です。
どんなに見た目は似せれても、化学繊維の場合は静電気によりゴミ離れが悪いのですぐにわかると思います。
また、シルクというのは意外や意外天然の保温効果を感じることができる素材。
冬場は特に体感し易いかと思いますが、触れた時はひんやり感じても、
体の触れている部分からジンワリ温まるあの感じは、シルクならではの感触です。

デメリットは、やはり価格でしょうか。
シルク製品は高価ということもあり、クリーニングに出す際はプレミアムなどと表記されていて、
メンテナンスにかかる費用もお高めなことが多い印象もあります。
太陽光による変色のしやすさと、繊維がとても細く摩擦に弱いという特徴があるので、
敷く場所を考えて、長くお使いいただきたいです。

● COTTON ●
COTTON-RUG
コットン(綿)は、私達の生活に一番馴染みのある天然素材といっても過言ではないでしょう。
抜群の吸水性を誇るコットンは繊維の先端が丸みを帯びているので肌触りがとても滑らかで、
タオルや衣料品、肌に触れるものはコットンがいいという方多いと思います。
洋服や、カーテン、ソファ生地などはあっても、ラグとしてはまだまだ意外に少ないコットン製。

綿繊維は、断面が中空になっているので高い吸水性を持ち、保温性、通気性にも優れていると言われています。
コットンは、水にも強いので普段のお洗濯など扱い使い易いイメージがあるかと思いますが、
縮みやすいという特徴を持つ為、まだまだラグとしてはお作りが少ない素材です。
手織り絨毯の縦糸などでは古くから使用されている素材ではありますが、
近年、コットンの表面をワックス等でコーティングしたものが作られたり、
世界中のラグメーカーが試行錯誤している素材なだけに、今後の活躍に期待です。
コットンは、染色性にも優れているので、お洋服のようにラグもどんどん選択肢が増えたらいいなと思います。

ウールやシルクとの最大の違いは、動物性繊維ではなく植物性繊維であるということ。
動物性繊維は、アルカリに弱いので風合いを損なわない為にはアルカリ性の洗剤などに注意が必要です。
植物性繊維は、熱に強く水分をよく吸うという特徴があり、アルカリにも強いです。

コットン製のラグのメリットとしては、天然素材なのでウール等と同様にゴミ離れが良い。
ウールはどうしても暑い感じが…麻はどうしても夏っぽい気が…という季節感を大事にされる方にも、
通年違和感なく敷いていただけます。
ラグを敷き変えるとなるとしまっておくのもかさばるし、一年中使えるというのはとても便利です。
そして、何と言っても肌触りの良さですね。
夏場はさらっと、冬場はウール程ではないですが適度な保温性も兼ね備えた素材です。
今回は、代表的な天然素材の代表的な特徴をご紹介させていただきましたが、
お選びいただくラグの厚みや仕立て、加工によっても異なる場合がございます。
以上のことを踏まえてラグをお選びいただく際の参考にしていただけたら嬉しく思います。



asa-rugs
また、次回は素材の紹介をしたく思っておりますので、
引き続きチェックしていただけますと幸いでございます。

orbitex-夜の巷を徘徊する
こんにちは。
orbitex aoyamaです。

ご報告が遅くなりましたが、6月21日に放送されたテレビ朝日さんの人気番組「夜の巷を徘徊する」で、
orbitex aoyamaを紹介していただきました。

今やTVをつけて、見ない日はないというほど大人気のマツコデラックスさん!!
とっても素敵な方でした。
見てないという方も多いかと思いますので、少しだけ紹介させてください。

普段通りの平日、閉店後にバックヤードを片付けていると…
「ギャー!!」という声が聞こえて慌ててバックヤードからお店に出ると、
お店の前には見たことのない人だかりが。
視力が悪過ぎる私は全く状況が分からず、ただただ戸惑っている間にマツコさん来店。
こんな時、咄嗟に出る言葉ってやっぱり「いらっしゃいませ」なんですね。笑
orbitex-夜の巷を徘徊す1
マツコさんに「今日はどうされたんですか?」と尋ねると、
その日はキラー通りを町歩きされているとのことで、コシノジュンコ先生の事務所に寄ってきたと伺い、
さすが、我らがキラー通り商店会のGM(ゴッドマザー)、すごい回だなっと。笑
orbitex-夜の巷を徘徊する2
orbitex aoyamaもラグや照明をご覧いただき、商品のお話はほとんどできないくらい
緊張しっぱなしでしたが、近所の方で何屋さんか分からなくて入れなかったという方には、
照明とラグなんだ!と知っていただけたようです。
マツコさんに「何あれ〜!」と言っていただいた螺旋階段の照明。
お客様にも「テレビ見てて何あれ!と思って見にきました。」と来店してくださる方が増えています。

螺旋階段スタンドライト

螺旋階段デスクライト

そしてそしてorbitexを説明するには欠かせない、本店RAMの話へ…

知識の豊富なマツコさん、西大井のこともとてもよくご存知でびっくりしました。
ROOMARTMATSUI-夜の巷を徘徊する3
放送では一部でしたが、正直本店のお話を一番聞いていただけたような!
RAMの総合カタログを一緒にご覧いただきながら一通り本店のお話をして、
もう帰ってしまうのかしらと思ったら、マツコさんから「他にもお店あるの?」と聞いていただき、
今年3月にOPENしたばかりのKIWAMI SOFA SHOP湯河原店の話へ!


緊張しすぎて、すっかりうっかりしてましたが、気が付けば3店舗で夢の共演となりました。
orbitex-夜の巷を徘徊する4
そしてそして、我らが社長も写真で登場!!
居ないのに、マツコさんにイジっていただいてました。笑
orbitex-夜の巷を徘徊する
最後に、マツコさん、スタッフの皆さん、この度はorbitex aoyamaにお越しいただき、誠にありがとうございます。
またキラー通りに遊びに来ていただける日を楽しみにお待ちしております。
orbitexaoyama-orderrug1
皆さんご無沙汰しております。
orbitexです。

こんなにブログを更新できなかった事があるだろうかという程、お久しぶりでございます。
皆様お変わりなくお過ごしでしたでしょうか?

今年は、単独では2年ぶりとなる展示会出展と、姉妹店のOPENが重なっていたこともあり、
年明けからずーっと走りっぱなしだった気が…笑

さて、orbitex aoyamaはと言いますと、照明とオーダーラグ専門店としてスタートしてから早3年半、
雑誌やHPを見てお問い合わせいただく機会が増え、オーダーラグを探して来店されるお客様が大変増えております。
そこで本日は、orbitex aoyamaで扱っているラグを少しだけ紹介させていただきます。


まず、orbitex aoyamaで扱っているラグについて。

現在orbitex aoyamaでは、
約20ヶ国(スペイン・オランダ・ベルギー・ドイツ・イタリアetc…)のラグを扱っております。

手織りのものから、機械織りのもの、玄関マットくらいのものから、敷き込み用の絨毯までご用意があり、
床材、人工芝なども含めると、とてつもない数の選択肢を誇ります。
今まで絨毯やラグを見て可愛いと思ったことがない方や、今までに見たどれもしっくりこなかったという方も、
是非一度騙されたと思って遊びにいらしてください。

orbitexaoyama-orderrug2
LIGHT & ORDER RUG SHOPという記載を見て来店された方に一番多く聞かれることは、
オーダー以外のラグもあるんですか?という質問。
ございます。当店は、1点ものの手織りのラグから、ワンサイズのみのお作りのもの、
セミオーダータイプやフルオーダータイプまで幅広く扱っております。
例えば、下のお写真のウールのラグは、
玄関マットサイズの600×600(mm)と、リビングサイズの1700×2400(mm)のサイズのみとなっております。
こちらは手織りなので発注から製作まで約半年以上かかりますので、サイズを絞って当店で在庫しています。

orbitex-woolrug1

orbitex-woolrug

また、下のお写真の麻製のラグは、ブルーの入った2色のみですが、
450×750(mm)の玄関マットサイズのみ在庫しております。
海外製の玄関マットは少し日本の規格より大きいことが多く、マンションにお住まいのお客様から
「もう少し小さくて可愛い玄関マットが欲しい!」というお声から誕生しました。
玄関マットサイズ以外は全てフルオーダーで、ご希望のサイズでの製作が可能となっております。

orbitex-juterug1

orbitex-juterug

生産国ではなく、メーカーによって製法も納期も見事に異なります。


続いて、フルオーダーのラグとセミオーダーのラグについて

・フルオーダーのデメリットは、何と言っても「価格」と「納期」この二つに限ります。
 日本だと1cm毎に対応すると言っていい程、サイズをかなり細かく指定出来るという点から、
 作り置きが出来ず、注文してからの製作となり、完成したら1本づつ空輸で輸入しておりますので、
 時間もコストもかかるのがフルオーダーのデメリットです。

・では、フルオーダーのメリットはというと、正確なサイズをピンポイントで製作が可能です。
 (サイズに限らずカラーにしても選択肢が豊富なのが特徴です。)
 また、変形などを検討されている方は、フルオーダーでないと対応ができないというのがほとんどかと
 思いますが、フルオーダーでも対応できるものとできないものがあります。
 
 海外の老舗メーカーが自分の為だけに製作したラグを日本まで届けてくれるという、、、すごい時代ですね。

また、当店で一番人気のあるシリーズは、セミオーダータイプ。

フルオーダー程納期も価格もかしこまらずに、希望に近いものをお選びいただけるというのがメリットです。
また、お部屋の間取りや空間に対してどうしてもきっちりサイズでないといけない時には
ご対応が難しいというのがセミオーダーのデメリットでしょうか。


それでは、ここからは少し実践的なお話です。

お部屋に対してバランスが良いラグサイズはどのくらいか測ってみましょう!

 ● ラグサイズの測り方 ●
 当店でサイズのお話をする際は、必ず面のもの(新聞紙やバスタオル、ブランケットetc…)を床に敷いて、
 最小でもこのくらいは欲しい、大きくても最大このくらいまでという、サイズ感を実際に体感していただくことが重要で、
 その後に面のものの外周を計測し、最小値と最大値というのを短手長手共にお測りいただくことをお願いしております。
 メジャーだけで測るのと何が違うの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、床の出具合や家具との距離、
 ソファに噛ませるか噛ませないかなんかのイメージも、面のものを敷いて合わせると一目瞭然だからです。
 この測り方が一番失敗が少ないように思いますので、皆さんも是非試してみてください。

今お伝えしたのは、一般的なラグのサイズの測り方についてですが、
お選びいただく素材や質感、厚みなどによって小さめでも良いと思うものや、
逆に大きめの方が格好良く見えるものもございます。

実際に測ってみたけど、やっぱり人の意見も聞いてみたいという方、
是非お図面とお部屋のお写真拝見させてください。

前ふりがだいぶ長くなってしまいましたが
準備はこれくらいにしておいて、次回はいよいよ失敗しないラグ選びへ!!
orbitex-lightshade
明けましておめでとうございます。
orbitexです。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、早速ですが2018年最初のブログは・・・
照明のお話。

orbitexでは、照明のシェードをお好みに近いお色に張り替えるオーダーシェードを承っております。

個人的な話ですが、ずっと調光式の照明器具に慣れていたので、最近引越しをしたら既存の照明器具が調光式ではなく、
明るいか真っ暗かの二択になってしまいまして、、、こんなに落ち着かないものかと自分でも驚きです。
実際、前の家で使っていた照明を持って行くか悩んでいたのですが、住んでみて即決です!
早く持って来なきゃ!!そんな気持ちになりました。

ただやっぱり、次のお家は少しテイストを変えたいななんて思っていたので、
私もシェードを張り替えて新しい照明を購入したかのような気分を味わっちゃおうと思っています。
照明器具って、ダウンライトやシーリングライトなど、大体入居のタイミングには何かしらの既存のものが
ついていたりするので、特に急いで変えなくてもいいかという方実際かなり多いと思いますが、
変えてみるとよくわかるのが、照明ほど雰囲気を変えてくれるアイテムはなかなかないということ。
そして、数え切れないくらい様々な照明器具があるのに、惹かれるものってそんなにない。

せっかく気に入ってorbitexの照明をお選びいただいたのであれば、そんなお客様には長くお使いいただきたい。

・デスクライトを倒してシェードが割れてしまった
・模様替えをしたら照明だけ浮いている
・せっかくならば他人とかぶらないオリジナルのシェードにしたい
・BODYは全く問題ないのに、タバコの煙などでシェードの色が変色してきた

上記のようなお悩みで買い替えを検討される際には、まずシェードの張替えも検討してみてはいかがでしょうか?

シェードの骨組みや形から作り変えると、いざ出来上がった時に思ってたバランスと違うということも多いので
あまりお勧めできませんが、気分やお部屋に合わせてカラーチェンジができるのはとても便利です。

先日お客様のご依頼で、シェード変更した際の様子を画像と併せてご紹介させていただきます。
今回お選びいただいたのは、麻製のシェードです。
白ではなくオフホワイトの優しい雰囲気と麻特有の素材感が堪りません。


orbitexのスタンドライトの中で
1番人気のCLASSICA HALF。
壁に沿わせるように設置する事で、
壁に照明を埋め込んでしまったかの
様なユーモラスなデザインが特徴的。
なので、日本の住宅は白壁が多い事から
敢えてブラックシェードをスタンダード
にしています。
しかし近年壁の一面だけ色を入れたり
お洒落な壁紙も増え、壁一つとっても
こだわってらっしゃる方が本当に沢山
いらっしゃいます。
シェードの色を変えるだけでここ
まで印象が変わるので、是非お部屋に
あった照明選びを楽しんでみては
いかがでしょうか?

classicahalf-orbitex

orbitex-standlightordershade

そして、今回ご依頼いただいた方も本当にこだわりの強い方で、
大阪を拠点に店舗設計をメインに手掛ける空間デザイナーさんです。
この方の手掛けるお店に行って、暇なお店は見たことがないというくらいの仕掛け人の方です。
そんな方にorbitexの照明を使っていただけるだけで本当に光栄なんですが、
今回納品させていただいたラウンジもまたとっても素敵でした。

orbitex-Hsama-lounge

うちの照明はどこかなと思ったら、こんなにいい場所に!!
そして鏡に設置という、この照明の特性を生かしていただいてるのが嬉しくて嬉しくて。笑
テンションも上がってしまいます。
確かに、こちらのお店にはこちらのカラーの方が断然合いますね!!

そしてそして、実はお手洗いにも同じシェードを別注で製作させていただき納品させていただきました。


orbitex-blog1

orbitex-blog2



こちらのデスクライトのスタンダードなシェードは白です。
先程のブラックと比べると、然程変わった感じがしない方もいらっしゃるかもしれませんが、
お店全体の統一感を考えた時に、このこだわりってすごく素敵だなと思ってしまいます。
そしてすぐ側のランタンもorbitexです。
あまり明る過ぎるトイレが苦手という方、ちょっと暗いくらいの方が雰囲気があって好きという方
少なくないと思いますがいかがでしょうか?
温かみがあって、私とてもツボです。笑


ついつい長くなってしまい、申し訳ございません。
本日は、照明のシェードについて納品事例を交じえながらお話をさせていただきました。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

しつこいですが・・・2018年も、orbitexをどうぞ宜しくお願いいたします!!
IMG_0817 2
こんにちは!
orbitexです。

orbitexは、2017年の最終営業日が本日12/28(木)となっております。

ご愛顧いただいておりますお客様や、orbitexアイテムをお取り扱いいただいている販売店の皆様、
関係者各位、今年も大変お世話になりました。

orbitexは、発足以来5年が経とうとしています。
第1号ショールームとしてオープンしたorbitex aoyamaもようやく3年を迎えることができました。
これもひとえに、いつもご支援賜っております皆様方のお陰と心より感謝申し上げます。

orbitexは空間を彩るものをコンセプトに、世界中から集めた個性的なインテリアアイテムを扱う
セレクトブランドとして誕生いたしました。

中でも、ラグと照明の専門店としてorbitex aoyamaが誕生し、いつからかorbitexはラグブランドだと
思われている方も多くなってきました。
普段機械織りのオーダーラグをメインに扱っているorbitex aoyamaの3周年特別イベントとして、
今年はペルシャ絨毯展を開催させていただく機会をいただきました。
そして改めて絨毯の面白さと奥深さを感じることができ、より一層絨毯の虜になりました。笑

ラグ専門なのはorbitex aoyamaのみですので、2018年は他のアイテムももっともっと
発信していきたいと思っております。
また、ラグに関しては今まで以上に知識を深め、日本一のラグ専門店となれるよう務めてまいります。


2018年はorbitex・orbitex aoyama・orbitex HOMEともに1月3日(水)からの営業となりますので、 どうぞ宜しくお願いいたします。


それでは、皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。