orbitex-lightshade
明けましておめでとうございます。
orbitexです。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、早速ですが2018年最初のブログは・・・
照明のお話。

orbitexでは、照明のシェードをお好みに近いお色に張り替えるオーダーシェードを承っております。

個人的な話ですが、ずっと調光式の照明器具に慣れていたので、最近引越しをしたら既存の照明器具が調光式ではなく、
明るいか真っ暗かの二択になってしまいまして、、、こんなに落ち着かないものかと自分でも驚きです。
実際、前の家で使っていた照明を持って行くか悩んでいたのですが、住んでみて即決です!
早く持って来なきゃ!!そんな気持ちになりました。

ただやっぱり、次のお家は少しテイストを変えたいななんて思っていたので、
私もシェードを張り替えて新しい照明を購入したかのような気分を味わっちゃおうと思っています。
照明器具って、ダウンライトやシーリングライトなど、大体入居のタイミングには何かしらの既存のものが
ついていたりするので、特に急いで変えなくてもいいかという方実際かなり多いと思いますが、
変えてみるとよくわかるのが、照明ほど雰囲気を変えてくれるアイテムはなかなかないということ。
そして、数え切れないくらい様々な照明器具があるのに、惹かれるものってそんなにない。

せっかく気に入ってorbitexの照明をお選びいただいたのであれば、そんなお客様には長くお使いいただきたい。

・デスクライトを倒してシェードが割れてしまった
・模様替えをしたら照明だけ浮いている
・せっかくならば他人とかぶらないオリジナルのシェードにしたい
・BODYは全く問題ないのに、タバコの煙などでシェードの色が変色してきた

上記のようなお悩みで買い替えを検討される際には、まずシェードの張替えも検討してみてはいかがでしょうか?

シェードの骨組みや形から作り変えると、いざ出来上がった時に思ってたバランスと違うということも多いので
あまりお勧めできませんが、気分やお部屋に合わせてカラーチェンジができるのはとても便利です。

先日お客様のご依頼で、シェード変更した際の様子を画像と併せてご紹介させていただきます。
今回お選びいただいたのは、麻製のシェードです。
白ではなくオフホワイトの優しい雰囲気と麻特有の素材感が堪りません。


orbitexのスタンドライトの中で
1番人気のCLASSICA HALF。
壁に沿わせるように設置する事で、
壁に照明を埋め込んでしまったかの
様なユーモラスなデザインが特徴的。
なので、日本の住宅は白壁が多い事から
敢えてブラックシェードをスタンダード
にしています。
しかし近年壁の一面だけ色を入れたり
お洒落な壁紙も増え、壁一つとっても
こだわってらっしゃる方が本当に沢山
いらっしゃいます。
シェードの色を変えるだけでここ
まで印象が変わるので、是非お部屋に
あった照明選びを楽しんでみては
いかがでしょうか?

classicahalf-orbitex

orbitex-standlightordershade

そして、今回ご依頼いただいた方も本当にこだわりの強い方で、
大阪を拠点に店舗設計をメインに手掛ける空間デザイナーさんです。
この方の手掛けるお店に行って、暇なお店は見たことがないというくらいの仕掛け人の方です。
そんな方にorbitexの照明を使っていただけるだけで本当に光栄なんですが、
今回納品させていただいたラウンジもまたとっても素敵でした。

orbitex-Hsama-lounge

うちの照明はどこかなと思ったら、こんなにいい場所に!!
そして鏡に設置という、この照明の特性を生かしていただいてるのが嬉しくて嬉しくて。笑
テンションも上がってしまいます。
確かに、こちらのお店にはこちらのカラーの方が断然合いますね!!

そしてそして、実はお手洗いにも同じシェードを別注で製作させていただき納品させていただきました。


orbitex-blog1

orbitex-blog2



こちらのデスクライトのスタンダードなシェードは白です。
先程のブラックと比べると、然程変わった感じがしない方もいらっしゃるかもしれませんが、
お店全体の統一感を考えた時に、このこだわりってすごく素敵だなと思ってしまいます。
そしてすぐ側のランタンもorbitexです。
あまり明る過ぎるトイレが苦手という方、ちょっと暗いくらいの方が雰囲気があって好きという方
少なくないと思いますがいかがでしょうか?
温かみがあって、私とてもツボです。笑


ついつい長くなってしまい、申し訳ございません。
本日は、照明のシェードについて納品事例を交じえながらお話をさせていただきました。
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

しつこいですが・・・2018年も、orbitexをどうぞ宜しくお願いいたします!!
IMG_0817 2
こんにちは!
orbitexです。

orbitexは、2017年の最終営業日が本日12/28(木)となっております。

ご愛顧いただいておりますお客様や、orbitexアイテムをお取り扱いいただいている販売店の皆様、
関係者各位、今年も大変お世話になりました。

orbitexは、発足以来5年が経とうとしています。
第1号ショールームとしてオープンしたorbitex aoyamaもようやく3年を迎えることができました。
これもひとえに、いつもご支援賜っております皆様方のお陰と心より感謝申し上げます。

orbitexは空間を彩るものをコンセプトに、世界中から集めた個性的なインテリアアイテムを扱う
セレクトブランドとして誕生いたしました。

中でも、ラグと照明の専門店としてorbitex aoyamaが誕生し、いつからかorbitexはラグブランドだと
思われている方も多くなってきました。
普段機械織りのオーダーラグをメインに扱っているorbitex aoyamaの3周年特別イベントとして、
今年はペルシャ絨毯展を開催させていただく機会をいただきました。
そして改めて絨毯の面白さと奥深さを感じることができ、より一層絨毯の虜になりました。笑

ラグ専門なのはorbitex aoyamaのみですので、2018年は他のアイテムももっともっと
発信していきたいと思っております。
また、ラグに関しては今まで以上に知識を深め、日本一のラグ専門店となれるよう務めてまいります。


2018年はorbitex・orbitex aoyama・orbitex HOMEともに1月3日(水)からの営業となりますので、 どうぞ宜しくお願いいたします。


それでは、皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
manhunt-orbitex
こんにちは。
orbitexです。

2018年2月上旬公開予定の映画「MANHUNT」のなかで、orbitexの照明をご使用いただきました。

これまでにも雑誌やTV番組、CM等いろいろなところでorbitexのアイテムを使用していただいてきました。

今作の監督は「レッドクリフ」シリーズで知られるジョン・ウー監督。
そして、気になる主演はチャン・ハンユーさんと福山雅治さんのW主演。
主演以外の方々もとても豪華な顔ぶれです。

日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、
高倉健さん主演の伝説的名作「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画とのこと。
私はこちらの「君よ憤怒の河を渉れ」も公開前にチェックしておこうと思っています。笑

ジョン・ウー監督久々のアクション映画。

ベネチア国際映画祭や、トロント国際映画祭でも上映されるや話題となり、
日本でも公開を待ち望んでる方も多いのではないでしょうか?

公開後になりますが、どのアイテムをご使用いただいたのかなど、
使用していただいたアイテムについての紹介もさせていただこうと思っていますので、
どうぞそちらもチェックしていただけたら幸いです。
orbitexaoyama-persian
こんにちは。
orbitexです。

先日まで開催させていただいておりました3周年特別企画ペルシャ絨毯厳選50枚展!!
お陰様で無事に会期を終えることが出来ました。
orbitex-persian

orbitex発足以来、世界中のインテリアアイテムをセレクトし発信してまいりました。
なかでも、特にラグには思い入れが強く、世界中のラグを取り扱ってまいりました。

そんなorbitexの中でもラグと照明をメインに扱うorbitex aoyamaの3周年特別企画は、
絨毯の王様ペルシャ絨毯の中でも、本物だけを集めたペルシャ絨毯展。
persian

とても珍しいラインナップで、会期中いらしていただいたお客様には、
「今違うお店も行ってきたけど、全然違うわね!」「このレベルの物、扱ってる所がないものね!」等、
やった甲斐があったなというお言葉を沢山いただき、素晴らしい絨毯や絨毯好きのお客様と
一緒に会期中過ごすことができて、本当に幸せな9日間でした。
ご来店いただいたお客様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。
orbitexスタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
また来年開催出来るように頑張りますので、今回お越しいただけなかった方も是非次回は遊びにいらしてください!
そして、昨日よりorbitex aoyamaはX’masバージョンに!!早着替えいたしました。
orbitex aoyamaの前を通る方、通勤・通学路が少しでも楽しくなりますように.☆・。*

今後ともorbitexをどうぞ宜しくお願いいたします。
persian-orbitexaoyama1
こんにちは。
orbitex aoyamaです。

前回こちらのブログで紹介させていただいたペルシャ絨毯のラインナップはいかがでしたでしょうか?

本日も只今開催中のペルシャ絨毯展より、ペルシャ絨毯を何枚か紹介させていただきます。

早速ですが、本日の1枚目はこちら。

ペルシャ絨毯の呼び方だと、ザロチャラク(Zarro charack)と呼ばれるサイズになります。
現存する最古のペルシャ絨毯としても有名なバジルク絨毯を随分可愛らしくアレンジしたこちらの1枚。
年代物の絨毯を彷彿させるモチーフなのに、敢えて現代のカラーとデザインで仕上げたユーモラスで粋なペルシャ絨毯です。
色遣いも、老若男女問わず受け入れやすいお色味で、言われなければペルシャ絨毯と気付かない方も
いるのではないかと思うほど、ちょっとテイストが違います。
ただ、触れるとやっぱりペルシャ絨毯。もう全然違います。笑

perusian-uma2
114×74(Zarro charack) クム産
シルク 100%
¥453,600- (総額)

persian-qum1

persian-qum3


こちらはクム産ですが、然程まだ工房自体に認知がない為こちらのお値段でご提供できますが、
これだけの技術と配色センス、あっと言う間に有名工房になってしまいそうです、、、
上部にはやはり工房のサイン、こだわりの一枚なのが伺えます。
有名工房になってしまうといきなり手が出せなくなる価格帯になるので複雑なところですが、
やはりファンになると応援したくなるのがファン心理ですね。笑

続いて本日の2枚目は、ジェッディー工房さんより。
淡いピンクと新緑を彷彿させるグリーンの配色が、春に咲く桜を思わせる一枚。
こちらは、ザロニム(Zaaro nim)と呼ばれるサイズで150cm×100cmに近いサイズです。
ジェッディー工房さんは、もともと染め工房を営んでいた為、
草木染めの独自の技法を生かした絨毯づくりをされている工房としても有名です。
orbitex-persian-jed2
100×155(Zaaro nim) クム産
ジェッディー工房
シルク 100%
¥2,494,800- (総額)

orbitex-persian-jed1

orbitex-persian-jed3

ジェッディー工房さんは、20年以上もの歳月をかけてデザイン・地色・柄・花文様の組み合わせを研究し、
近年パステル調の柔らかい色調と精緻な花文様を駆使した絨毯が世界的に評価されています。
この一枚もまさに、ジェッディーさんならではのジェッディーさんらしい一枚です。
縦糸も2色で構成され、フサの部分にもデザインが施された、
流石は有名工房の仕上がりといった抜かりの無い一枚です。
続いて、本日の3枚目は、シャハプール工房の「Heaven’s door」
タイトルがつく程有名なデザインで、一枚一枚微妙に異なる配色と絶妙な色使いは、
名作の名にふさわしい1枚です。
落ち着いたトーンでまとめた為、派手さは感じられないが、そこがさり気なくて格好良い。
こちらもザロニム(Zaaro nim)ですが、こちらはウール製。
tokyo-aoyama-orbitex
170×104(Zaaro nim) イスファハーン産
シャハプール工房
ウール 100%(経糸シルク)
¥3,719,520- (総額)

persian-orbitex

tokyo-persian-orbitex

産地としてイスファハーンはペルシャ絨毯の歴史も古く、古典的かつオーソドックスなメダリオン・ボーダー柄が
主流なのに対し、決して古く感じさせないこちらのデザインは、とにかくお洒落で渋い。
経糸にシルクを用いることで、より細かい織りに仕上げました。 程良く厚みもあり、使い心地も最高です。
本日最後に紹介させていただくのは、今回のペルシャ展のなかでも特別な一枚。
ペルシャ絨毯好きの方の中でも、この工房に魅せられたらここのペルシャしか買えないとまで言われ、
コアなファン層を持つことでも有名なジャムシディー工房よりド・ザール(Do Zaar)サイズの紹介です。
この大きさでこのクオリティー、探してもなかなか出会えないそんな1枚です。
PERSIAN-ORBITEX-AOYAMA
132×195(Do Zaar) クム産
ジャムシディー
シルク 100%
¥7,668,000- (総額)

orbitex-persian

orbitex-persian

写真では全然伝わらなくて申し訳ないのですが、ジャムシディーさんのペルシャ絨毯は纏うオーラが独特で、
こちらの一枚はなかでも、見る人を忽ち動けなくしてしまうほど。
吸い込まれるような不思議な魅力を放ちます。
糸の染色職人、製図を描くアーティスト、下絵に色を入れる色付け職人に至るまで、
関わった全ての方のこだわりと魂が詰まった一枚です。
これだけの作品を製作するとなると何人で何年くらい時間を要したんだろうと考えてしまいます。
ペルシャ絨毯て知ってはいるけど、実際見たことないという方結構いらっしゃるんじゃないかと思いますが、
いろいろな工房の作品を見ると、こんなペルシャ絨毯あるんだ!と思っていただけると思います。

ペルシャ絨毯て、本当はすごく格好良い絨毯なんです。
今回のペルシャ展は、興味の無い方や若い方にもその素晴らしさに触れてほしいと思い開催に至りました。
orbitex aoyama [ペルシャ絨毯展]本日最終日!!
美術館に行くと思って、アートに触れに、是非遊びにいらして下さい。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。